ホーム 風呂敷インテリア サブバッグ 長いものを包む風呂敷 ノベルティに風呂敷を お弁当包み 撥水風呂敷 オリジナルふろしき 魅力的な柄 コンビニで 環境への配慮 新素材の風呂敷 洗濯する際の注意点 おしゃれなストールに リサイクルできる風呂敷 販促グッズとして サイトマップ

風呂敷のある生活

エコ風呂敷の説明について

風呂敷を楽しむ

エコイスト生地はペットリサイクル樹脂99%で糸を紡いだポリエステル生地が原料になっており、
持続可能性のあるサステイナブル素材として注目されております。

加工によって耐水性を持たせたり、軽量で丈夫な素材なので普段のエコバッグとしても利用され始めているのです。
バッグだけではなく日本の伝統的な万能布である、風呂敷にも採用されております。

京都風呂敷どっとこむは麻素材や綿などの従来の素材だけではなく、現代にマッチした素材を使って
風呂敷を製作しているのです。染色性が高く色落ちの少ないエコ風呂敷は、毎日の使用にもぴったりの素材になります。
着替えを包んで持って行き、着用し終わった衣服を包んで帰ってそのまま洗うことも出来るのです。

気に入った柄のエコ風呂敷を使って、自分好みのバッグを作ることもいいかもしれません。
テキスタイルデザイナーとコラボして、お洒落なデザインも増加してきております。

お洒落なエコ風呂敷

人気急上昇な素材と注目を浴びつつ、リサイクルの観点からも積極的に採用され始めているのです。
エコ風呂敷を伝統的な企業がアレンジし、風呂敷とサステイナブルという概念が握手をして作られたアイテムがエコ風呂敷になります。

エコ風呂敷はデザイン性に優れます

伝統的な和柄の手ぬぐいや風呂敷は昔ながらの染料を使いながら、人の手から生み出された布を使って作られます。
染料で染め上げられて洗われ、その作業を繰り返すことで奥の深い伝統的な雰囲気を纏うのです。

染料は使いながら洗濯を繰り返すことで徐々に落ちてゆき、その経年の変化を楽しみながら愛用することも和柄や染物の魅力の一つになります。
洗濯の注意点として熱湯や強過ぎる洗剤を使わずに、ぬるま湯や水を使い昔ながらの粉せっけんで洗うことが重要です。

風呂敷を正しく洗う

酸性やアルカリ性の強い洗剤で洗うと、布に残った染料と化学変化を起こしてしまい色が変化してしまうこともあります。
エコ風呂敷は反対に現代的な染料を使い染め上げることが出来て、パソコンのデーターを機械に入力して染色をすることが得意なのです。

それはポリエステルを使っていることにより、生産性の高い製作方法が選べることに他なりません。
だから自分の好きなデザインをパソコン上で作り、データーを入力することでオリジナルデザインの風呂敷も簡単に作ることが出来るのです。

エコ風呂敷のメリットとして環境に対するローインパクトや、持続化可能性などと共にデザイン性が豊かなことも特徴になります。

Copyright(c) furoshiki life. All Rights Reserved.